「ところで、6月26日の産経新聞に『コロナ退院時、検査で陰性確認不要の理由』という記事がありますが、なぜ不要になったのですか」と町会長。

「産経新聞には、なんて書いてあるのですか。」

「新型コロナウイルスの感染をめぐり、厚生労働省が退院基準の段階的な見直しを行っている。症状のある患者の退院基準は発症日から10日間に短縮され、必須だったPCR検査による陰性確認が不要になった。『再陽性』の事例も全国で多数報告される中、なぜか」と書いてあります。

「多分、WHOや米国のCDCがそうするように言っているのではありませんか。」

「おっしゃる通りです。『世界保健機関(WHO)の基準改定などに準じて改めた』と書いてあります。WHOなんかを信じていいのでしょうか」と町会長。

「WHOの言うことが信じられない時は、CDCのサイトを見て、どう言っているか調べるしかありませんね。」

「産経新聞には『退院基準が見直されたのは、世界中で研究が進み、発症7日程度でウイルス量や感染性が低下することなどが判明。10日でウイルス量がゼロになることが推計されたためだ』とも書いてあります」と町会長。

「なるほど。そこまで研究が進んでいるのですね。」

「産経新聞には『大阪大免疫学フロンティア研究センターの宮坂昌之招へい教授によると、新型コロナウイルスが感染性を失うメカニズムは明らかになっていない。ただ、研究結果から、「感染後期の患者から検出されるウイルスは残骸や構造的に不完全な状態であり、PCR検査で陽性となっても検出されているのは“死にかけウイルス”の遺伝子。すでに感染性を失っていると考えられる」と説明する』と書いてあります。」

「なるほど。感染後期の患者の新型コロナウイルスが感染性を失うのは、進化論的には考えられることです。」

「産経新聞には『明らかになっていない』と書いてありますが」と町会長。

「それは、『医学的には明らかになっていない』という意味です。」

「なぜ、進化論的には考えられることなのですか」と町会長。

「先ほど話したように、新型コロナウイルスはRNAウイルスなので、複製ミスを修正する機構が備わっていないため変異が激しいということが、感染後期の患者から検出される新型コロナウイルスが感染性を失う基本的な原因になります。」

「新型コロナウイルスが人間に感染すると、生体内で生き残るための生存競争で、他の人に感染する能力が高いものより、感染力は低くても体内で増殖しやすいように進化したものが生き残るためですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。しかし、それだけでは、『感染後期の患者から検出されるウイルスは残骸や構造的に不完全な状態であり』という説明には不十分です。4月14日の日経メディカルの記事に『多くの環境下でSARS-CoV-2は長時間安定』という記事があります。」

「SARS-CoV-2は、変異が激しいのではないのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。しかし、4月14日の時点では、SARS-CoV-2に感染力がある期間が問題になっています。」

「SARS-CoV-2に感染した人が触れた物についたウイルスが、何日ぐらい感染力があるかというのが問題だったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/7/1