「なぜ、キリスト教文化圏だけ、感染者数や死者数を操作しないのですか」と町会長。

「キリスト教徒は、『初めに、神は天地を創造された。神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。そして、全ての物が神の発する言葉によって創られた』と信じています。」

「インターネットが世界中に普及し、あらゆる情報が手に入る現代においても、キリスト教徒は、そう信じているのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。調査したことはありませんが、神を信じないのは日本人だけかもしれません。日本人は、神を信じる代わりに、科学を信仰している人が多いように思われます。」

「日本人は、科学を信仰している人が多いと言いますと?」と町会長。

「科学とは何かということを理解しないで、科学的であることが正しいと盲目的に信じている人が多いと思います。」

「科学とは何かなどと考えたことはありませんが、科学的であることが正しいと信じているのは確かですね。考えてみると、科学的だからということだけで正しいと信じるのは、神の存在を盲目的に信じているのと違いはないのかも知れません。」

「日本人が感染者数や死者数を操作しようなどと考えないのは、科学を絶対神のように信じているためです。」

「なるほど。そうかもしれません。データーを勝手に操作できるのであれば、科学は成り立ちません。同じ条件で、同じ実験をすれば、同じ結果になり、同じデーターが得られるというのが科学ですから」と町会長。

「活版印刷術、羅針盤、火薬は、ルネサンスの三大発明と言われていますが、同じ時期に中国にも、活版印刷術、羅針盤、火薬があったと大学時代に習った記憶があります。」

「しかし、ヨーロッパでは科学が発達したのに、中国では科学が発達しなかったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。ヨーロッパで科学が発達したのは、神が作った世界には必ず秩序があるはずだという信念があったためです。」

「神が作った世界には必ず秩序があるはずだという信念があるキリスト教文化圏の人は、なぜ感染者数や死者数を操作しようとしないのですか」と町会長。

「ウィキペディアで『SCIENCE』を調べると、初めに、『SCIENCE』の明確な定義が書かれています。しかし、『科学』を調べると、『科学』の明確な定義は書かれていません。日本人は科学の定義が理解できないのです。」

「しかし、英語版には定義されているのですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。東洋文化圏で生まれ育った日本人は、『SCIENCE』の英語の定義を読んでも、意味が分からないのだと思います。」

「なぜ分からないのですか」と町会長。

「『全ての物が神の発する言葉によって創られた』ことを信じていないためです。」

「『全ての物が神の発する言葉によって創られた』ことを信じていないと科学の定義が理解できないのですか」と町会長。

「僕はキリスト教徒ではないので、推定することしかできませんが、キリスト教徒にとって科学とは、過ちを犯す人間が試行錯誤によって、神が作った世界の法則を発見しようとする企てだと考えています。」

「なるほど。感染者数や死者数を人為的に操作したら、神が作った世界の法則を発見することはできないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。それだけではなく、近代的な医療制度を持った韓国が感染者数や死者数を操作しているとは想像できないようです。」

2020/4/17