「商人系かどうか画像で分かるようですが、どこが普通の人と違うのですか」と町会長。

「大きな商売をする商人系の人は、ひどい肺虚になってしまいます。」

「なぜ、ひどい肺虚になってしまうのですか」と町会長。

「例えば、強い陰のスマホを持っていて、新しいものと買い換えるために、古いものを売った場合、陰のスマフォを買った人が受けるのと同じ経絡的なダメージを売った人が受け続けます。新しく買ったスマフォが陰であれば、受けるダメージは倍加します。」

「陰の物を売ると、買った人が受けるのと同じ経絡的なダメージを売った人が受けるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、陰の物をたくさん売ると、大きな経絡的ダメージを受けるので、体力や知力が低下し、寿命も短くなってしまうのではありませんか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、商人系は体力がなく、寿命も短いのですか」と町会長。

「商人系は、ひどい肺虚の人が多いので、体力があるとは思えませんが、皆、武術を身につけているので、体力がないとは言えないところがあります。また、頭がいいので、80歳を超える人が多いと思います。」

「それは変ですね。『陰の物を売ると、買った人が受けるのと同じダメージを売った人が受ける』という仮説に誤りがあるのではありませんか」と町会長。

「商人系は、普通の人と違って、陰の物を売っても、わずかに肺虚が進むだけで、それ以外の経絡的なダメージは受けません。」

「なるほど。陰の物を売っても。経絡的なダメージが少ないように進化しているのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「進化論的に考えると、普通の人と同じように陰の物を売ったダメージを受ける人がいたかもしれないが、そういう人は商人系としては、淘汰されてしまったということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。陰の物を売ったために、体力や知力が大きく低下してしまうのでは、商売を続けることはできません。」

「それでは、『シンガポール人』で画像検索してみると、強い肺虚の人が多いということですか」と町会長。」

「おっしゃる通りです。トップページの画像を見ると、強い肺虚の人ばかりです。」

「それでは、ほとんどの人が商店をやっているということですか」と町会長。

「シンガポールの商人系の人がどういう仕事をしているかというデーターは見つかりません。」

「日本の商人系の場合は、どうなのですか」と町会長。

「僕が知っている商人系の人だと、会社員をやっている人や、主婦をやっている人や、商店をやっている人、歯科医院をやっている人など、様々です。」

「会社員をしながら商売を別にしている人がいるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。商人系の人が会社員をしながら、別の商売をしていて年商が数百億あったとしても、それに気がつく人はいないと思います。」

「どうして気がつかないのですか」と町会長。

2020/5/20