「驚きですね。病床数が少ない日本ではできないような件数の新型コロナ検査をやっているのに、日本の対策には及ばないのですね。」と町会長。

「おっしゃる通りです。進化論的には、日本人はドイツ人より優秀なので、個人的なレベルでより適切なコロナ対策をしていると言えるのではないでしょうか。」

「なるほど。日本に、産経新聞に載った20代の女性のような人が滅多にいないのは、体力ではドイツ人におよばないが知力では勝っている日本人は、周囲の状況を考えて適切な行動を取る人が多いということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。それに加えて、ドイツには、ガストアルバイターと呼ばれる外国人労働者の中に、政府が把握できない、低賃金で働く不法入国者がたくさんいると推定しています。」

「なるほど。不法入国者は医者には行かないでしょうから、感染しても、隔離されないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。ドイツでは1997年に緩和ケアが法制化されたため、専門在宅緩和ケアの増加に伴って、病院死が45パーセントに低下しています。」

「それでは、ドイツの新型コロナによる死者数は、70.57より多いということですか」と町会長。

「合併症で亡くなる人は、感染者にならないケースが多いと推定しています。」

「それえは、感染者発見率は26.4より低いということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。5月7日のYAHOO!ニュースに『【新型コロナ】死者が日本を大幅に上回るドイツがロックダウン解除へ』という記事があります。」

「驚きましたね。日経がドイツの状況を理解していないのに、YAHOO!ニュースにはドイツがどんな状態なのか分かっている記者がいるのですか」と町会長。

「実は、この記事を書いたのは、元産経新聞の記者で、2012年4月に、マスコミ誤報検証・報道被害救済サイト『GoHoo』を立ち上げています。」

「なるほど。新型コロナに関しては、中国や韓国だけでなく、欧米諸国も情報操作をするようになっているので、こういう方がいるとこころ強いですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「死者が日本の20倍以上いるのに、ドイツは、なぜ、ロックダウンを解除したのですか」と町会長。

「YAHOO!ニュースには、『ロックダウン解除の背景には、経済への深刻な影響があるとみられる。ドイツの観光業界は3社に2社が倒産の危機に直面。マイナス成長や失業者の増加が予測されている』と書いてありますが、もう一つ印象的なことが書いてあります。」

「印象的なことと言いますと?」と町会長。

「この記事を書いた人は、ドイツの死者の増加率の変化を自分でグラフにして、死者の増加率が低下していることを確認しています。ロックダウン解除を正当化する理由になるかもしれない事実を自分で解析しているのです。」

「素晴らしいですね」と町会長。

「中国や韓国だけでなく、欧米諸国も情報操作をするようになっているので、ここまでする人でないと、ドイツにおける新型コロナの感染状況の実態を理解することはできないのでしょうね。」

「新型コロナの優等生と言われるドイツも、経済への深刻な影響があるのですか」と町会長。

「BBC NEWS JAPANの4月16日の記事に、『欧州最大の経済国ドイツの経済省は、「世界的な需要の崩壊、サプライチェーンの中断、消費者行動の変化、投資家の不安感」により、3月に景気後退に入ったとしている』と書かれています。」

「なるほど。」

2020/5/15