「その会社はいつ頃作られたのですか」と町会長。

「バブルが始まる前だということです。」

「なるほど。それでは、どう考えても億単位のお金を貯めこんでいるはずですよね」と町会長。

「彼の話を聞くと、お父さんは驚くほど頭がいいので、バブル期に元手があったとすれば、何十億と言うお金を貯めこんでいるはずです。」

「お父さんの方が彼よりも頭がいいのですか」と町会長。

「議論をすると、いつも丸め込まれてしまうようです。それだけではなく、ウェブビジネスにも通じているようで、会社をやめて、ウェブビジネスを始めるように勧めています。」

「そこまで頭がいいとすると、その有限会社はお金がないことを見せるための表の会社で、裏で大きな商売をしているということではないのですか」と町会長。

「そうなんですよ。そう考えないと、話のつじつまが合いません。」

「それでは、息子さんは会社をやめてウェブビジネスを始めたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、ウェブビジネスについても、お父さんに丸め込まれたということですか」と町会長。

「僕も、最初は、そう思ったのですが、3カ月もたたないうちに毎月数十万の利益を上げるようになっています。」

「アフィリエイターやブロガーが1000万とか2000万の年収があったときがありましたね」と町会長。

「彼がウェブビジネスを始めたのは、その後ですよ。個人のウェブが2語検索でも、トップページに上がらなくなって、トップレベルのアフィリエイターやブロガーが生活に困窮し始めたときです。」

「お父さんのアドバイスがあったということですか」と町会長。

「Googleのウェブサイトに対する評価の仕方が突然変わってしまったので、対応できるような人はいなかったと思います。アフィリエイターのトッププロがどうにもならないのですからね。」

「それでは、なぜ3カ月もたたないうちに毎月数十万の利益を上げることができるようになったのですか」と町会長。

「僕もウェブビジネスをやっているので、不思議に思い、いろいろ聞いてみると、彼は誰も知らない情報を色々知っているのです。我が社の税理士さんと話すときのようでした。」

「渡辺さんのところの税理士さんはウェブビジネスもやっているのですか」と町会長。

「超能力ですよ。」

「超能力といいますと?」と町会長。

「超能力などというものは信じていなかったのですが、家内がありとあらゆる超能力を持っていたので、信じるようになってしまいました。」

「超能力でウェブサイトがうまく行くのですか」と町会長。

「家内が言うには、知識が頭の中に降って来るということです。」

「知識が頭の中に降って来ると言いますと?」

「インターネットがなくても、必要な知識が頭の中にダウンロードされるみたいです。」

2020/5/26