「なぜ、その青年が商人系だと気がついたのですか」と町会長。

「経絡が親子で連動していることに気がついて、両親のことを聞くようになったのと、商人系は陰陽が分かっているようで、分かっていないところがあるからです。」

「商人系は陰陽が分かっているようで、分かっていないところがあるのですか」と町会長。

「ユダヤ系は陰陽が分かっていますが、日本の商人系は、この人には陰のタイプが売れるとか陽のタイプが売れるということは分かるようなのですが、自分が持っているものが陰か陽かが分かりません。」

「それは不思議ですね」と町会長。

「それで、彼が持っているものは、全て写真に撮ってもらい、陰陽をチェックしました。」

「コーネル大学を卒業したような頭がいい人が陰陽が分からないのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。彼はハーバード大学に入ろうと思えば入れたと推定していますが、アメリカでも日本でも商売がしやすいようにコーネル大学を選んだのだと思います。」

「なるほど。アメリカでは一流の大学を出た方が商売がしやすいのですね」と町会長。

「調べてはいませんが、ユダヤ系が経済を支配しているので、学門を身につけていることが信用につながるのだと推定しています。」

「商売では、信用が大事ですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。商人系は信用を大事にするので、重要だと思われる情報は、大きな会社でも社長自身が出かけて行って、自分の目で確かめます。使用人に確かめさせたりはしません。」

「商人系は信用を大事にするのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。現代の資本主義社会が成り立っているのは、信用を大事にする勤勉な商人系がいるからです。商人系がいなければ、現代社会が成り立たないほど重要な存在です。」

「確かに、経済活動は信用をベースにしていますね。その信用を大事にするのが商人系の特徴なのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「ところで、先ほどの話だと、商人系の青年の持ち物を全て写真でチェックしたということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。持ち物だけでなく、彼が両親と同居していたアパートの床や壁、ベッド、トイレ、風呂などすべてにわたってチェックしました。」

「そこまでしたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。長年の付き合いということもあり、毎回2万円の治療費を払ってもらっていたこともあって、肺虚を完全に治してやろうと思っていました。」

2020/5/22