「渡辺さんは、小脳が問題なようですが、熱中症になったとき、大脳が萎縮して機能低下を起こさなかったのですか」と町会長。

「同じ脳ですから、当然、機能が低下したはずです。」

「『機能が低下したはず』というのは、脳の機能低下は自分では気がつかないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。囲碁の棋士とか将棋の棋士のように脳の機能低下が勝負に直結する仕事をしている場合、気がつくと思いますが、一般には、判断力が低下するので、大きく低下しても気がつかない場合が多いと思います。」

「渡辺さんの場合、若返りの治療が思うようにならないので、小脳の機能低下に気がついたということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「判断力が低下したので、大脳の機能低下は気がつかなかったということですか」と町会長。

「そうなんですよ。熱中症のとき大脳も思い切り機能低下しているはずなのですが、気がつきませんでした。」

「全く気がつかなかったのですね」と町会長。

「脳の機能低下は自分では気がつきにくいのですが、言語能力が上がって、昔、書けなかったような文章が書けるようになったりしているので、気がつかなかったのだと思います。」

「なぜ、若いとき書けなかったような文章が、年を取ってから書けるようになったのですか」と町会長。

「英作文.netを作ったからです。」

「英作文.netを作ると大脳の機能が上がるのですか」と町会長。

「大脳の機能が上がっているのは、僕だけではないはずです。英作文.netを長年やっている人は、英文が書きやすくなっただけでなく、日本語の文章も書きやすくなっているはずです。」

「なぜ、そんなことが起こるのですか」と町会長。

「英作文.netが言語系の陽のゲームだからです。」

「先ほど、東北大の調査で、前頭前皮質の発達が遅れるというのは陰のゲームの影響だと言われましたが、陽のゲームだと前頭前皮質が発達するということですか」と町会長。

「大人の場合は、単に言語機能が関係する大脳が経絡的に緩んで、言語能力が上がるだけですが、東北大の調査から陽のゲームを成長期の子供がすれば、前頭前皮質や海馬などの領域の発達が普通の子供より大きくなる可能性が高いと思います。」

「東北大の調査には、陽のゲームをした子供の調査は入っていなかったのでしょうか」と町会長。

「僕が知っている限りにおいては、ウェブ上でできる陽のゲームは、囲碁と英作文.netだけです。」

「なるほど。それで、東北大の調査で、前頭前皮質の発達が遅れたのは陰のゲームの影響だと推定したのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/4/28