「アインシュタインのような超天才が、なぜ、76歳くらいで亡くなってしまうのだと思って、画像検索したら、陰の服を着ている写真がありました。」

「アインシュタインは、天才だから陰陽が分かるはずなのに、陰の服を着ることがあったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。天才系の人は、陰陽は分かるのですが、経絡が分からないのです。」

「なぜ、経絡が分からないのですか」と町会長。

「陰陽は体に変化を起こすので、持病がある人は、天才でなくても分かる人がいます。しかし、経絡は、鍼灸の治療経験に基づく仮説です。」

「なるほど。仮説が体に変化を起こすことはありませんね」と町会長。

「おっしゃる通りです。経絡は、経絡治療をやって、仮説が正しいことを確認しなければ理解できません。」

「なるほど。アインシュタインは経絡治療をしたことがないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。鍼灸師の中には、経絡治療をして、経絡について理解する人がいます。」

「先ほど言われた、ツボの位置が感覚的に分かる天才的な鍼灸師のことですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。天才的な鍼灸師は、鍼灸の技術で経絡を緩めると内臓の機能が上がることを理解しています。整体と違い、レーザー針を使えば自己治療が簡単なので、体力の向上や若返りを目的に、毎日自己治療をするようになります。」

「天才的な鍼灸師は、硬結を緩めていけば内臓の機能が上がり、体力がついて、最後には若返るかもしれないという想念に取りつかれ、自分の体を使った治療実験をしてしまうということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「そして何年もかかって、やっと全身の硬結を緩め切ったと思った翌朝、全身に硬結が現れ、腎虚がひどくなって、四十代で亡くなってしまうということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。鍼灸の理論と治療技術が不完全なためです。」

「それでは、ツボの位置が分かる天才的な鍼灸師でも、経絡を完全に理解することは難しいということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、人が経絡と陰陽で自ら死ぬことを理解できる人はいないということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕が卓球で全日本の一般の部に出場できるようなことがあれば、そういう可能性もあるのかと考える人がでてくるかもしれません。」

「なるほど。もし、120歳を超えて、一般の部に出場できるようであれば、信じる人は増えるでしょうね」と町会長。

「そうかもしれません。」

2020/9/2