「5月22日のCNNに『封鎖なしのスウェーデン、「集団免疫」には程遠い状況 首都の抗体率7.3%』という記事があります。」

「『集団免疫』と言いますと?」と町会長。

「ウィキペディアには、『集団免疫とは、ある感染症に対して集団の大部分が免疫を持っている際に生じる間接的な保護効果であり、免疫を持たない人を保護する手段である。多数の人々が免疫を持っている集団では感染の連鎖が断ち切られる可能性が高く、病気の拡大は収まるか緩やかなものとなる』と書いてあります。」

「一度感染した人は免疫ができるので、皆が感染すれば流行は収まるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。免疫がある人の数が多くなれば、感染した人が他人にうつす確率が低下し、思いっきり多くなれば、感染者がいなくなるという考え方です。」

「新型コロナウイルスでは、どのくらいの人が感染すれば、集団免疫ができるのですか」と町会長。

「CNNの記事によると70~90%だそうです。」

「抗体率7.3%と言うのは、免疫ができている人が7.3%ということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、確かに、集団免疫ができるのには程遠いですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「『封鎖なしのスウェーデン』ということは、他のヨーロッパ諸国と違って、都市閉鎖はしないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。5月1日のNewsweekにも『「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に』という記事があり、『新型コロナウイルスの感染拡大を抑える対策としては、北欧諸国も含むヨーロッパの多くの国が全国的な封鎖措置を取り、厳しい移動規制を敷いている。こうしたなか、スウェーデンは全国的な移動規制や外出制限をしないという独自路線を貫いており、ストックホルムの通りの人でもカフェの客入りも一見、普段通りだ。その「緩い」対策は、世界的にも論議を呼んできた』と書いてあります。」

「スウェーデンのような緩い対策だと、死亡率が上がるのですか」と町会長。

「死亡率と言うのは、感染者数に対する死者数の割合なので、感染者数や死者数が正確かどうかによって違ってきます。キリスト教文化圏内なので、大きな違いはないと思いますが、スウェーデンは感染を止めようとはしていないので、感染者発見率が低いのだと思います。」

「スウェーデンの感染者発見率は、どのくらいですか」と町会長。

「5月23日の感染者発見率は、感染者数が3248.65、死者数が388.64なので、8.6になります。」

「それは不思議ですね、その値だと、イタリアやイギリスより感染者発見率が大きくないですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。5月23日は、イタリアが7.0、イギリスが7.0、フランスが5.1です。死者数も、イタリアが539.45、イギリスが536.09、フランスが433.39ですが、スウェーデンは388.64です。」

「それでは、都市閉鎖はしない方がいいということになりますね」と町会長。

2020/5/28