「海洋の温度が上がっているので、海に近いところは、温暖化の傾向が出ると考えられます。」

「なるほど。大気が海洋で温められるということですか」と町会長。

「陸上では昼間気温が上昇し、夜間に気温が低下するのに対し、比熱が高い海面の温度は陸上ほど低下しないためだと思います。」

「海の大気は夜冷えないので、その結果として、昼間の気温が高くなるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。しかし、中高緯度の海洋の貯熱量は低緯度の海洋の貯熱量より小さいので、中高緯度地域の気温は次第に低下すると推定しています。」

「大雑把な考え方は分かりましたが、うっかりして、CO2炭素濃度が間氷期に400ppmに達したことがないということを忘れているのではありませんか」と町会長。

「CO2の温室効果のことですね。」

「おっしゃる通りです。CO2は、ビニールハウスのビニールのように地球を覆っていて、熱を逃がしません。」と町会長。

「確かめたことはないのですが、オゾン層のようにCO2濃度が高い層があって、その層が地球を取り巻いているということはないようですよ。」

「それでは、なぜ、温室効果のような紛らわしい表現をするのですか」と町会長。

「ウィキペディアの『温室効果』には『気温がビニールハウス(温室)の内部のように上昇するため、この名がある。ただし、ビニールハウスでは地表面が太陽放射を吸収して温度が上昇し、そこからの熱伝導により暖められた空気の対流・拡散がビニールの覆いにより妨げられ気温が上昇するため、大気圏による温室効果とは原理が異なる』と書いてあります。」

「CO2が、ビニールハウスのビニールのように地球を覆っているのではないのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、大気中に400ppmしかないCO2に気温を上昇させる効果があるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「しかし、地表の熱で温まったCO2は、対流で上昇し、そこに冷たい空気が入ってくるので、大気中のわずかなCO2が少し温まったとしても、温室効果などないのでありませんか」と町会長。

「それが、そうでもないようなのです。」

「それが、そうでもないと言いますと?」と町会長。

「人工衛星を使って、地表から放射される熱をスペクトル分析すると、CO2が吸収する15μmという波長の赤外線が吸収されて、思いっきり少なくなっているのが分かるようです。」

「なるほど。それでは、CO2の分子が吸収した放射熱は、どうなってしまうのですか」と町会長。

「あらゆる方向に放射されて、周りの空気とか地表を温めるようです。」

「それでは、宇宙に放射される熱もあるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。太陽が毎日照らしているから、地球は温暖ですが、太陽がなくなれば、地球はたちまち冷たくなってしまうと思います。」

「なるほど。CO2は、地表と同じように放射熱を受け取って、放出するということを繰り返しているだけなのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。地表とCO2の違いは、CO2は太陽の光をほとんど吸収しないで通過させ、地表から放射される赤外線を吸収するのに対し、地表は、太陽の光を反射したり、吸収したり、赤外線として放射したりしています。」

「それでは、地表には、とても大きな温室効果があるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「そして、ビニールハウスのビニールのように地球を覆っていなくても、CO2には周りの空気とか地表を温める効果があるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/7/28