「太平洋側の方の海氷が大きく融けている理由は、太平洋側の方が水位が高いためと言われています。」

「太平洋側の水位が高いということは、太平洋側の表層水が北極海に流れ込むので、海氷が溶けるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「太平洋側の方が水位が高いというのは、間違いないのですか」と町会長。

「人工衛星に搭載された衛星海面高度計で海面高度の測定ができます。」

「人工衛星で海面高度の測定ができるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。人工衛星に搭載されたマイクロ波レーダーを使って、海面高度を測定しています。」

「人工衛星から直下の海面にマイクロ波を照射し、跳ね返って来たマイクロ波を、搭載しているセンサーでとらえれば、人工衛星と海面との距離が計算できるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。人工衛星の軌道が分かっているので、海面高度が計算できます。」

「なるほど。科学の進歩は、素晴らしいですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。マイクロ波を使うのは、マイクロ波が雲を透過するためです。」

「跳ね返ってくるマイクロ波をセンサーでとらえるので、夜でも観測ができるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、間違いなく、太平洋側の方が水位が高いのですね」と町会長。

「小脳の機能がわずかしか上がっていないので、町会長が納得するような説明ができないのですが、太平洋側の水位を高くするようなエネルギーを持っているものがあるとすれば、熱塩循環しか考えられません。」

「熱塩循環は、そんなに凄いエネルギーを持っているのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。ウィキペディアの『熱塩循環』には、『後氷期の初期、グリーンランドや北アメリカ氷床の融解によって低密度の淡水が大量に流入し、北大西洋での深層水の形成や沈み込みを極度に阻害したことがわかっており、これがヨーロッパで知られる気候「ヤンガードリアス」イベントを引き起こしたと考えられている』と書かれています。」

「『後氷期』と言いますと?」と町会長。

「ウィキペディアには、『後氷期とは、約1万年前から現代までの時代をさす。一般にヴュルム氷期と言われる氷期の後であり、しばしば完新世と同義で使われる。人類が勢力を広げ、全地球的に居住地を広げると共に、文明の発達により地球環境を大きく変化させた時期である。この名称からは、氷河時代が終わったような印象を受けるが、多くの研究者の間の意見は、数万年以内に次の氷期が到来し、従って後氷期は実際には間氷期である、という点で一致している。 』と書いてあります。」

「なるほど」と町会長。

2020/8/3