「『熱塩循環』と言いますと?」と町会長。

「ウィキペディアには『熱塩循環(ねつえんじゅんかん、英:thermohaline circulation)は、おもに中深層(数百メートル以深)で起こる地球規模の海洋循環を指す言葉である(水深千数百メートル以下での海洋循環を指すという説もある。語源のthermoは熱、halineは塩分の意味で海水の密度はこの熱と塩分により決定される。メキシコ湾流のような表層海流が、赤道大西洋から極域に向かうにつれて冷却し、ついには高緯度で沈み込む。この高密度の海水は深海底に沈み、1200年後に北東太平洋に達して再び表層に戻る』と説明されています。」

「『熱塩循環』というのは、英語の直訳なのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。海水の密度は、水温と塩分の濃度で決まるようですね。」

「海水は、温度が低くて、塩分を多く含むと、密度が上がって重くなるので沈むのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。ウィキペディアには『海底に沈みこむ密度の高い水塊は、北大西洋と南極海という限られた海域で形成される。この海域で海水は風により冷却され、また海氷形成時に氷から排出される塩分で塩分濃度を増加させる。塩分の増加が海水の凍結温度を下げ、蜂の巣状の海氷の中でさらに冷却された塩水が形成されることで非常に重くなり、氷からゆっくり零れ落ちて海底に沈みこむ。これらの深層水塊は重いので、より軽い海水を押しのけて下るように沈み込んで極域の海盆を満たす。ちょうど陸上の渓谷や河川のように、低層水塊は海底の地形に沿って移動する』という説明があります。」

「海氷ができるとき、塩分が排出されるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「氷から排出される塩分で北極海の海水は、塩分の濃度が高くなり、冷却されて、重くなるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「『海盆』と言いますと?」と町会長。

「海底のへこんだところを『海盆』と言うようです。」

「なるほど。重くなった海水は、海底の低いところから、さらに低いところへと、川のように流れていき、重くて冷たい海流となって海底を流れ、1200年後に北東太平洋に達して再び表層に現れるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「『メキシコ湾流』と言いますと?」と町会長。

「ウィキペディアには『メキシコ湾流』という項目もあって、『メキシコ湾流は主に赤道の北側を西向きに流れる北赤道海流に起源を持ち、カリブ海およびメキシコ湾に入り、フロリダ海峡を通って再び大西洋に流出する。その後、北アメリカ大陸東岸をフロリダ半島沿いに北東方向に進み・・・北極海に注ぐ海底の大河で、その速さはミシシッピ川やアマゾン川をしのぎ、その水量はこれらの川の1000倍以上にも及ぶ』という説明があります。」

「なるほど。メキシコ湾流は、赤道付近の30℃ぐらいある表層水を、北アメリカ大陸東岸を流れて、北極海に向かって運んでいくのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「そして、極域に向かうにつれて冷却され、ついには高緯度で沈み込むのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。グリーンランドの東側あたりで沈み込むようですよ。」

「なるほど。そして沈み込んだ海水は深海を流れ、1200年後に北東太平洋に達して再び表層に戻るのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「熱塩循環というからには、表層に戻った海流は、北赤道海流になり、再びメキシコ湾流になるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、大西洋側は、赤道付近の30℃ぐらいある表層水を北極に向けて運ぶ湾流があるが、太平洋側には、赤道付近の表層水を北極に向けて運ぶ海流がないということなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それで、先ほど言われたように、大西洋側ではなく、太平洋側の方の海氷が大きく融けているのは、どうしてなのだということになるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/7/31