「指が緩んだ場合については、分かりません。肥田式で指がわずかながら緩んだのは僕だけです。僕が死ねば、経絡的進化は起こりません。」

「死なない場合とは、不老不死と言うことですか」と町会長。

「単純に考えれば、1年に1歳以上確実に若返る方法があれば、死なないことになるのですが、そんな単純な問題ではないようです。腎臓の機能を上げ続ければ、経絡的には可能な感じがするのですが、DNAの問題が解決できないのです。」

「DNAの問題と言いますと?」と町会長は聞き返してきた。

「細胞を培養すると分裂の回数に限界があるので、人間は120歳を超えて生きるのは不可能だと、昔から思っていたのですが、ウェブで調べてみると、120歳を超えた人がいるんですね。」

町会長も人間が120歳を超えて生きるのは不可能と思っていたらしく、「本当ですか」と聞き返して来た。

「フランス人の女性でギネスに載っている人がいます。それで、細胞分裂の回数に限界があるのは、培養の仕方に問題があるのではないかと思って調べてみたら、がん遺伝子の活性化や酸化ストレス、DNA損傷などが原因で複製老化が起こるんですね。」

「複製老化と言いますと?」と町会長は聞き返してきた。

「細胞を培養すると分裂回数が30回を超えるあたりで、ガン細胞になったり、分裂しなくなったりして、細胞が寿命を迎えてしまうのです。」

「複製老化が起きなければ、人間は基本的に不老不死と考えられるということですか。」

「それなら話は簡単なんですが、細胞分裂の際にDNA鎖の末端が完全には複製されないという問題があり、これが複製老化の根本的な原因だとされています。」

「やっぱり、細胞分裂の回数には限界があるんですね。」

「まあ、これは楽観的仮説なんですが、生体内において細胞やDNAが経絡により機能低下をしていなければ、複製されたDNAが修復され、限界なく細胞分裂を繰り返すと考えています。」

「経絡はDNAにも及ぶのですか」と町会長。

2019/10/8