「泥浴びをするときに、イノシシは20センチくらい掘るのですか」と町会長。

「ご覧になれば分かると思いますが、深くて30センチくらいです。イノシシが入れそうもないような小さな穴をいくつも掘っています。」

「なるほど。ダニを取るための泥浴びが目的であれば、こういう掘り方をするのは理屈に合いませんね」と町会長。

「ウェブで調べてみると、日本にいるミミズの約95%はフトミミズと呼ばれる種類のミミズで、落ち葉の下などにいる表層種と、地中30センチ以内に住み植物の根などが腐った腐植土を食べる浅層種と、地中30センチ以上のところに住む深層種の3種類がいるようです。」

「なるほど。それでは、泥浴びは地表から30センチ以内に住む浅層種を食べるためにするとお考えなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。浅層種の多くは2センチから10センチくらいの深さにいると言われていますから、イノシシが10センチくらいの深さの穴を掘ることとも一致します。そして、暖かい時期には食べると推定される表層種は、越冬ができません。」

「なるほど。それで浅層種は取っていおて、冬に食べようとするのですね」と町会長。

「取っておいても、他のイノシシに食べられたら冬場に食べるミミズがなくなってしまいますから、泥浴びするところを守るのがイノシシの重要な仕事になるのだと思います。」

「浅層種は雨水が溜まるようなところにしかいないのですか」と町会長。

「土があれば、どこにでもいるようですが、冬場になるとミミズがたくさんいるところを確保しないと、必要な量を食べるのが難しいのだと推定しています。」

「手間ひまかけて2、3匹しか食べられないのでは、帰ってお腹がすくだけということなのでしょうか」と町会長。

「そうかもしれません。庭を荒す場合、茶ノ木の裏で10センチぐらい、ハイゴケだと5センチぐらいの深さです。」

「なるほど。それだと何匹も食べられないということですか」と町会長。

「イノシシに聞かないと本当のところは分からないのですが、そうとしか考えられないのです。湯飲み茶わんを元に戻し、超音波害獣撃退器を1台泥浴びするところに設置したのですが、泥浴びするところを2メートルほどよけて、忌避剤入りの湯飲み茶わんのところを通れば、茶ノ木の裏に行くのは簡単なはずです。」

「でも茶ノ木の裏には来なかったのですよね」と町会長。

「泥浴びしたところのミミズが食べられないのであれば、何匹も食べられない茶ノ木の裏に行く価値はないとイノシシが考えたとしか思えないのです。」

「先ほど、『ミミズを食べないと体力が落ちるのであれば、相手のテリトリーのミミズを食べるということが確かな攻撃になる』と言われましたが、守るべき泥浴び場でミミズが食べられないのであれば、茶ノ木の裏のミミズを食べて攻撃をする必要はないと猪が考えたということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2019/12/14