「茶ノ木の根元に合成洗剤を撒けば、ミミズがいなくなるかもしれないと思いましたが、冬なので効果があるかどうか疑問でした。」

「冬だとミミズが地中深くにいるということですか」と町会長。

「そういう傾向はあると思いますが、表層にいないので効果に疑問を感じました。茶ノ木の裏は10センチ強掘っている穴が多いので、そのくらいの深さにいると推定しています。イノシシは、10センチぐらいの深さにいるミミズの臭いを探知することが難しいのかも知れません。暖かいときに泥浴びするのは、目印を作っておくという目的もあるようです。」

「なるほど。その仮説が正しければ、他の場所にミミズがいても、冬になると目印をつけていないところのミミズは食べられないことになりますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。目印をつけた周りを注意深く嗅げば、冬場でも鼻でミミズを探知することが可能なのでしょう。」

「夏場では無視したような、かすかなミミズの臭いを探知して穴を掘ると、ミミズの臭いがさらに強くなって、何匹もいるのが分かるということでしょうか」と町会長。

「イノシシに聞いたわけではないので、単なる推測にすぎませんが、そのように考えています。ハイゴケが荒らされていないので、LEDライトの効果があるのは明らかですから、ミミズを探知したらライトを見ないようにしてミミズを捕まえていたのでしょう。」

「しかし、現実にLEDライトが利かないとなると、ミミズを退治するぐらいしか方法はないのでしょうか」と町会長。

「忌避剤を使うということも考えたのですが、1週間前に茶ノ木の内側には忌避剤を地面に直接まいています。」

「茶ノ木の内側と外側の間は数十センチしかありませんよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。LEDライトが照らし、狼の声も聞こえるのですが、茶ノ木の裏なので家側からは見えないという安心感があるのだと思います。」

「なるほど。茶ノ木の裏に隠れているという安心感に腹ペコモードとミミズの臭いが加わると、LEDライトと狼の声と忌避剤が近くにあっても、ミミズを食べるということですか」と町会長。

「3引く3で効果がなくなるのかも知れません。忌避剤を茶ノ木の向こう側に直接撒けば、3日くらいは来なくなると思いました。」

「それでは、忌避剤を撒いたのですか」と町会長。

「茶ノ木の向こう側は掘られたところを整地しましたが、忌避剤は撒きませんでした。」
「他に方法があるのですか」と町会長。

2019/12/18