「ところで、渡辺さんの仮説では、親子の経絡の連動性で脳の可動性が低下するため、子供は親の知力を越えられないということになるのですか」と町会長。

「一般的には、そうなのですが、結婚相手と体質が著しく異なる場合、分かりやすく言えば、相性はそれほどいいとは言えないのに、相手の能力が気に入って結婚した場合、まれに、子供の知力が親を越えることがあります。息子がそのケースです。」

「しかし、渡辺さんは高段者レベルの詰碁を毎日100問解いているのに、息子さんは初級レベルの詰碁を解いているのではありませんか」と町会長。

「おっしゃる通りです。しかし、今、考えると、息子は小学校低学年までは大天才だったようです。しかし、息子は幼児期から強い陰のパワーストーンを収集していたのです。僕は気づかなかったというより、陰陽が分からなかったので、気がつきようがなかったのです。」

「どうして、陰陽が分からなかったのですか」と町会長。

「2歳のときに死にそうになった肺炎で、肺虚→腎虚→肝虚→心虚→脾虚→肺虚という経絡の連鎖が起こり、全身の筋肉や脳まで委縮して固まってしまったので、陰陽に体が全く反応しなかったためです。」

「そういうこともあるのですか」と町会長。

「今でも覚えていますが、箸を使うのも大変で、指の使い方を研究しながら、食べていました。」

「それは大変でしたね。ところで、陰のパワーストーンを収集すると知力が低下するのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。今でも、息子は陰陽が分かる天才レベルの知力はあるのですが、陰のパワーストーンと陰の本の収集をしなければ、世界的に認められるような大天才だったと推定しています。」

「陰のパワーストーンを収集すると、なぜ、知力が低下するのですか」と町会長。

「陰のパワーストーンを収集すると、膝の可動性が低下します。」

「陰のパワーストーンで膝の可動性が低下するのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。膝の可動性が低下していることが分かる人は少ないと思いますが、膝の可動性が低下すると、太るので簡単に分かります。」

「太っている人は、皆、膝に問題があるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。膝の可動性が低下すると、体重を支えるのに、余分な筋力が必要になります。」

「なるほど。膝の可動性が低下すると、足が太ってしまうということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。足だけではなく、腰も太ってしまいます。」

「なるほど。それでは、膝に問題があると太ってしまいますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。膝の問題のために体重が増えると、足の筋肉がさらに必要になります。」

「すると、足と腰がさらに太って、体重が増えるのが止まらなくなるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、息子さんは太っているのですね」と町会長。

「痩せようとして、食事をコントロールしたのですが、パンや麺類をランチタイムに外食すると、すぐ戻っていました。」

「『戻っていました』ということは、今は痩せているということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/9/3