「中国や韓国の新型コロナウイルスと日本の新型コロナウイルスでは、進化の仕方がどのように違ってくるのでしょうか」と町会長。

「新型コロナウイルスは、熱に弱いという特徴があり、喉に感染したウイルスが体内で増殖しようとすると、体温の淘汰を受けるために、変異が激しくなり、感染性を失ってしまうという特徴があります。」

「なるほど。それで、高齢者のような、体力や免疫力の低下している人に感染している新型コロナウイルスは、淘汰圧が比較的に低いので体内で増殖して、重症化するということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。そのため、感染初期には、高齢者が感染することが多かったのですが、最近は、若年層の不顕性感染者が増えています。」

「若年層の感染者が増えているのは、若ければ感染しても死ぬことはないという安心感があるからでしょうか」と町会長。

「日本では、そういう傾向が強いのですが、キリスト教文化圏では、事情が少し違うようです。」

「どこが違うのですか」と町会長。

「ヨーロッパやアメリカでは、マスクは病人がするもので、健康な人はマスクをしません。」

「しかし、どこの国でも、政府はマスクをするように言っていませんか」と町会長。

「おっしゃる通りです。政府や医療関係者、知識人はマスクをする必要があると思っています。」

「一般市民は、そうではないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。キリスト教文化圏では、マスクは病人がするものという根強い文化があるため、マスクをすると、周りの人からコロナに感染しているのではないかと思われるのを恐れる人が多いと推定しています。」

「トランプ大統領はマスクをしないことが多いので、知識人には入らないのですか」と町会長。

「トランプ大統領は商人系なので、あらゆる一般常識に通じていると推定しています。」

「それでは、なぜマスクをしないのですか」と町会長。

「一般市民は、政治家や知識人を信用していないのです。」

「政治家や知識人は、口で言うことと、腹の中で考えていることが違うと思っているのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。トランプ大統領は、一般市民が考えていることや、実際にしていることをよく知っていて、同じようにやっているのです。」

「それでは、トランプ大統領が言ったり、したりしていることに共感を感じている一般市民が多いということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。しかし、トランプ大統領がコロナ感染後に選挙活動を再開するようになってから、突然、googleUSAが表示されなくなってしまったので、一般市民のトランプ大統領に対する反応を調べることができなくなってしまいました。」

「日本のgoogleを使って、英語で検索してみれば英語のサイトが出てくるのではありませんか」と町会長。

「英語のサイトは出てきたのですが、トランプ大統領に批判的なサイトばかりでした。」

「トランプ大統領に批判的な人ばかりだから、そういう検索結果になったのではありませんか」と町会長。

「最初はそう思っていたのですが、トランプ大統領には根強い支持者がいるのです。」

2020/11/10