「Barkerさんは、本当に、天才なのですか」と町会長。

「イギリスの学校で、2回飛び級をしている天才です。」

「その天才が理解できないような記事が『The Asian Wall Street Journal』にはあるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕は、時折、Barkerさんと長時間にわたる議論をすることがあり、お互いに認め合った仲だったので、分からないところがあると最終原稿を書く前に、教えてもらっていたのです。しかし、川上さんが指摘するまでは、Barkerさんにも分からないところがあるとは気がつきませんでしたね。」

「『The Asian Wall Street Journal』って、そんなに難しいのですか」と町会長。

「経済というのは、数学や物理と違って、絶対的な正しさというものがない世界です。そのため、経済に関する記事を書こうとする人は、権威づけのために、難しい言葉を使う傾向が強いのです。」

「確かに、日本語の経済に関する記事にもそういう傾向がありますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。実は、『A Comprehensive Grammar of the English Language』の英語は、『The Asian Wall Street Journal』の英語より難しいのです。」

「そんなに難しいのですか」と町会長。

「あるとき、川上さんと『be going to』の用法について議論していました。僕が『そのことについては、この前教えてもらった「A Comprehensive Grammar of the English Language」に書いてありますけど』と言ったのですよ。」

「そうしたら、川上さんは、何と言ったのですか」と町会長。

「『あれって、難しくないですか』と聞くのです。」

「それで、なんと答えたのですか」と町会長。

「『それって、どういう意味』と思ったのですが、ぐっと抑えて、『難しいですよ』と言ったら、会話はそこで終わってしまいました。」

「『A Comprehensive Grammar of the English Language』の英語は、川上さんにも難しいということですか」と町会長。

「そうなんですよ。川上さんが、『あれって、難しくないですか』と言った意味が分かったのは、それから、2,3年経った頃だったと思います。」

「川上さんが、『A Comprehensive Grammar of the English Language』が、なぜ難しいか話したのですか」と町会長。

「あるとき、アメリカ人の英文学の教授が、講師の募集に応募してきたのです。」

「英文学の教授が『A Comprehensive Grammar of the English Language』について、何か言ったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。英文学の教授は、本棚に『A Comprehensive Grammar of the English Language』があるのを、目ざとく発見したのです。」

「それで、何と言ったのですか」と町会長。

「『これは驚いた。私は日本に来て、色々なところで教えたが、この本を日本で見たのは初めてだ』と言ったのです。」

「その一言で川上さんの言った意味が分かったのですか」と町会長。

2020/11/3