「『外国為替においては内国為替の場合の中央銀行に該当するような組織がないため、銀行は海外の銀行との間で口座(コルレス口座)を開設しあい、その口座を用いて資金を振り替えることによって決済を行う』ということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。長野賞受賞論文には、『クロスボーダー取引に係る決済の場合、国内取引のように中央銀行のような機能を果たす機関は存在しない。このため銀行は各国の有力銀行と「コルレス契約(Correspondent Agreement)」を締結し、コルレス口座を通じて銀行間の資金決済が行われる』と説明があります。」

「『クロスボーダー取引』と言いますと?」と町会長。

「国境を越えてする取引のことです。日本人的な感覚では、海外との取引になりますね。」

「なるほど。長野賞受賞論文よると、『国際間の資金決済は通貨母国の金融市場で行われ、米ドル取引は米国系金融機関が保有するコルレス口座を通じて行われる。』ということでしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、中国がドルの決済をするためには、米国の金融機関にコルレス口座が必要なのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。ウィキペディアの『コルレスバンク』には、さらに、『すべての銀行がすべての外国からの送金の受け入れが可能なシステムに接続しているとは限らない。そのため、たとえば送金取引において、送金先銀行が自行のコルレス先でない場合は、中継となるコルレス銀行に送金指示を行った上で、最終目的地となる銀行と口座番号の備考を添えて送金することになる』という説明があります。」

「なるほど。コルレスバンクは、国際間の資金決済に使われるだけでなく、国際間の資金決済のための中継点として使われるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。A国のAA銀行からC国のCC銀行に送金する場合、AA銀行とCC銀行の間にコルレス契約がないときには、C国のAA銀行とコルレス契約があるBB銀行を経由して、CC銀行に送金することになります。」

「なるほど。AA銀行とC国の銀行の間にコルレス契約がないときには、AA銀行とコルレス契約がある他の国のTT銀行を経由して、C国のCC銀行に送金するということになるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。経由する銀行の数が増えるごとに、送金手数料が余分にかかります。」

「なるほど。それで、ウィキペディアの『コルレスバンク』に『外国に送金するにあたり、その通貨の中継地点となる銀行である』という説明があるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。ウィキペディアには、さらに、『米ドルの主なコルレス銀行は、シティバンク、JPモルガン・チェースなどが挙げられる』と書いてあります。」

「なるほど。長野賞受賞論文は、『コルレスバンク』について、明確な定義をしていますね。おかげで、『コルレス口座』が理解できたような気がします」と町会長。

「確かに、長野賞受賞論文は、日本人が書いたとは思えないくらい、論理的に書かれています。」

2020/9/17