「韓国政府は、擬陽性が多く出るコロナ診断キットで、新型コロナの感染拡大を新天地イエス教会に転嫁することに成功し、潰してしまったということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。信者が急速に増えている反政府団体を野放しにし、次の大統領選挙で負けるようなことがあれば、文在寅自身が犯罪者にされてしまうかも知れません。」

「韓国は、日本人の常識では理解できない世界ですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。文在寅大統領は、新天地イエス教会潰しに成功しただけでなく、世界の国々が、韓国製『コロナ診断キット』には実績があることを認めるというおまけまで手に入れることができたのです。」

「韓国は、『コロナ診断キット』を海外に売ろうという気はなかったのに、結果として売れてしまったということですか」と町会長。
 
「おっしゃる通りです。3月20日のMK NEWSの『韓国製「コロナ診断キット」...なぜ世界が注目?』に、『米国食品医薬品局(FDA)が韓国のコロナ19診断キットメーカーに直接連絡を取って、米政府に診断キットの緊急承認要求を行って欲しいと要求するほどだ』と記載されていますから、海外で販売することなど考えてもいなかったということです。」

「なるほど。米国は世界最大のマーケットですから、そこで売ろうとしていないのなら、海外で売る気は全くなかったということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。新型コロナ対策をする気など初めからなかったのですから、韓国のコロナ診断キットは、反政府団体に対する弾圧とコロナ対策をやっているというパフォーマンスのために作ったと推定しています。」

「なるほど。」

「12月21日のNewsweekに、『韓国政府、「K-防疫」を過信してワクチン手配に出遅れた?』という記事があります。」

「『K-防疫』と言いますと?」と町会長。

「12月23日のYAHOO!ニュースの『自慢の「K防疫」もワクチン確保もウソ?韓国のコロナ失策で政局にも影響か』に、『しかし、かたや「K防疫」としてとにかくPCR検査を行い、行動を追跡するシステムなどあらゆる手段を使って社会的に封じ込める方法をとり、それを国としての自慢にまで持っていく韓国』という記載があります。」

「『K-防疫』とは、韓国のPCR検査を行い、行動を追跡するシステムのことなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「それでは、『K-防疫』は、韓国が反政府団体を弾圧するために作ったものということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。韓国政府はコロナ対策などする気がなかったのですから、反政府団体の弾圧と国民に対するパフォーマンス以外の目的はなかったと推定しています。」

「コロナは、放っておいても、何とかなると確信していれば、ワクチンの手配などするわけがないですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。Newsweekにの『韓国政府、「K-防疫」を過信してワクチン手配に出遅れた?』に、『新型コロナウイルスの感染者は世界中で急増しているが、韓国でも新型コロナウイルスの1日あたり新規感染者が連日1000人を超え、医療現場が混乱している。入院待機中の感染者が死亡し、救急搬送された患者が、治療を受けられない事態に陥った』という記載があります。」

「韓国は悲惨な状況ですね。政府が、パフォーマンスとしてのコロナ対策しかしないで、ウソの情報を発表し続けると、矛盾する事実が次から次へと出てくるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。日本で、入院待機中の感染者が死亡することなどありません。情報が操作されているので、実際の状況は、こんなものではないと推定しています。新規感染者が連日1000人というのは、実際の10分の1くらいの数値かも知れません。」

2021/1/5