「『空』については、明確な持論があったのですが、初対面の人と『空』について議論をしてもと思い、中神先生のお話をひたすら伺うことにしました。」

「『空』といいますと?」と町会長。

「『色即是空』の『空』ですよ。」

「『色即是空』といいますと?」と町会長。

「ウィキペディアの『色即是空』には、『色即是空とは、「般若心経」等にある言葉で、仏教の根本教理といわれる。この世のすべてのものは恒常な実体はなく縁起によって存在する、という仏教の基本的な教義』と言う説明があります。」

「『縁起』と言いますと?」と町会長。

「ウィキペディアの『縁起』には、『縁起とは、他との関係が縁となって生起するということ。全ての現象は、原因や条件が相互に関係しあって成立しているものであって独立自存のものではなく、条件や原因がなくなれば結果も自ずからなくなるということを指す』という説明があります。」

「分かったような、分からないような説明ですね」と町会長。

「キリスト教文化圏に属する人は、『宇宙は神が言葉を発することによって作ったものだから、言葉が正しければ、宇宙の真理を自然に語ることができる』という考え方を持っています。」

「なるほど。それで科学は明確に定義された言葉で表されるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。しかし、日本語の構造を考えれば、日本人は、元来、客観的な真理があるとは思っていませんね。」

「日本人は、客観的な真理があるとは思っていないのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。日本語は、話者が伝えようとする客観的な部分と、話者が客観的な部分をどう捉えているかと言う主観的な部分から成り立っています。要するに、日本人は、人は主観を通して物を見たり、判断したりしていると考えているのです。」

「日本語は、そんなに複雑なのですか」と町会長。

「そうなんですよ。アメリカの大学を卒業した若いアメリカ人が10年も日本にいれば、日本語の会話が不自由なくできるようになりますが、日本語の対話形式で書かれた文章は理解できるようにならないのです。」

「それは不思議ですね。対話形式でなければ、理解できるのですか」と町会長。

「科学論文のようなものは理解できるようになると思います。」

「科学論文が理解できて、日常会話に不自由がなくても、会話しているのを録音して、書き下したものは理解できないということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。日常会話の場合、その話がされる具体的な状況があるので、話される単語が理解できれば、相手の言うことは100パーセント近く理解できるアメリカ人はいると思います。」

「それは不思議ですね」と町会長。

「昔、吉田さんという50代の生徒がいました。陸軍中野学校を出た人で、ロシア語を竹刀で殴られながら勉強したことはあるが、英語の勉強をしたことはないと言っていました。」

「陸軍中野学校というと、戦前にあったスパイ養成の学校のことですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕は、入学希望者全員の基礎能力を一対一で確認するので、吉田さんが英語が聞こえないことが分かりました。それで、年齢から考えて、うちで英会話をやっても、英語は話せるようにならないと言ったのですが、それでもかまわないからということで、入学することになったのです。」

「50代で、英会話を始めるのは、大変でしょうね」と町会長。

「僕は不可能だと思いました。ところが1年もすると、英語をペラペラ話すようになっていたのです。アメリカ人の先生も、『少なくとも、私の言っていることの90パーセントは理解している』と言っていました。」

「すごい人がいるものですね」と町会長。

「あまりに不思議なので、もう一度ヒアリングのテストをさせてもらったのです。そうしたら、やはり、聞こえていないのです。吉田さんは、アメリカ人の先生の言うことが3割くらい聞こえれば、何を言おうとしているのか100パーセント分かると言っていました。」

「なるほど。実際の会話というのはそういうものなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。頭がよければ、アメリカ人の先生が、どういう状況に置かれていて、何をどのように考えているかということが分析できているので、3割聞こえれば、100パーセント理解できるということのようです。」

2020/9/10