「もし、渡辺さんが言うように、米国の3世代も進んだAIを使って、トランプ大統領がこの選挙戦を戦って来たということになると、なぜトランプ大統領は選挙に負けることになってしまうのですか」と町会長。

「トランプ大統領は、前回の選挙よりもきわどい選挙戦で勝って、絶対に大統領になるべきではない、頭のおかしいやつが大統領になってしまったと世界中の知識人が思うようにやってみたと推定しています。」

「しかし、負けてしまったのでは、そんなことをしても意味がないと思いますが」と町会長。

「負けてしまえば、意味がありませんが、正確に選挙結果を予測して勝った場合には、核戦争を起こしたとき、ついに頭がおかしいトランプ大統領がやってしまったということになります。」

「しかし、トランプ大統領は失敗してしまったのですよね」と町会長。

「僕の研究では、ベイズ統計学をマスターしている人がAIを設計すれば、正確な選挙結果の予測が可能だと思っていました。」

「『ベイズ統計学』と言いますと?」と町会長。

「ウィキペディアの『トーマス・ベイズ』に、『イギリスの長老派の牧師・数学者、哲学者である。ベイズの定理の特殊な場合についての証明が死後発表されたことで知られる』という説明があります。」

「その牧師が統計学を考案したのですか」と町会長。

「統計学を考案したのではなく、カントが科学を分析して分析哲学を創始したように、科学の原理を分析して数学的に表現しようとしたのだと思います。」

「科学の原理を数学的に表現しようとしたのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。死後発表された定理は、後にラプラスが再発見して、統計学と結び付けられます。」

「『ラプラス』という名前は、昔聞いたことがあるような気がします」と町会長。

「解析幾何学の『ラプラス変換』というのが有名です。」

「『ラプラス』は有名な数学者なのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「なぜ、ラプラスの統計学をマスターしている人がAIを設計すれば、3世代も進んだAIの設計が可能なのですか」と町会長。

「ラプラスによる統計学への応用は18世紀に行われたのですが、第二次世界大戦が始まるまで、否定的な学者が多かったのです。」

「第二次世界大戦で何が起こったのですか」と町会長。

2020/11/18