「陰陽は、人間の生死に決定的な影響を与えるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「なぜ、人間は、そんなに重要なことに気がつかないのでしょう。」

「一般的に言えば、体に問題がない人は、陰の物を見たり、陰の物に触れたり、陰の物を食べたりすると、さわやかな感じがするのです。」

「なるほど。健康な人がスーパーへ行って、陰の物を見ると、『ちょっといいかも』とか思ってしまうのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。個人としての人間は死ぬように進化しているということです。」

「人間は、経絡と陰陽で死ぬように進化しているのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。人間で陰陽が分かるのは天才系の人だけです。普通の人が、僕のような陽の気を発する人間を見ると、『こいつ、何か変、怪しいやつだ』とか思うのですよ。」

「渡辺さんは、子供の頃から陽の気を発していたのですか」と町会長。

「家内と息子は生まれたときから陽の気を発していたようですが、僕と娘は陰の気を発していたようです。」

「渡辺さんは、肺炎で体が固まってしまったため、陰陽が分からなかったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。今考えれば、家内と息子は生まれたときから陽の気を発していて、僕と娘は陰の気を発していたということです。」

「なぜ、渡辺さんは、陽の気を発するようになったのですか」と町会長。

「スキーのやりすぎで、足に問題を感じるようになって、整体とか、マッサージとか、気功治療とか、色々試したのですが、良くならなかったので、自分で自己治療を始めたためです。」

「自己治療をすると、陽の気を発するようになるのですか」と町会長。

「自己治療をすると、陽の気を発するようにはならないで、早死にする人が多いです。」

「それでは、なぜ、自己治療で陽の気を発するようになったのですか」と町会長。

「最初は、赤外線レーザー治療器を使って治療していたのですが、体が緩むにしたがって、気が分かるようになり、突然、パワーストーンで治療できることに気がついたのです。」

「パワーストーンと言いますと?」と町会長。

「水晶とか、トルコ石、ラピスラズリー、カヤナイトのような陽の気を発する石です。」

「そんなもので治療ができるのですか」と町会長。

「正しく使えば、赤外線レーザー治療器より効果があります。」

「アマゾンで売っているパワーストーンでいいのですか」と町会長。

「とんでもありません。昔は陽のパワーストーンを売っていたのですが、今は強い陰の物ばかりです。あんなものを買ったら、寿命が縮んでしまいます。」

「それは残念です。それでは、パワーストーンで陽の気を発するようになったのですか」と町会長。

「パワーストーンは驚くほど体が変わるので、ウェブでパワーストーンを買いあさりました。」

「それで陽の気を発するようになったのですね」と町会長。

「陽のパワーストーンを使うと、体が大変化を起こしたように感じるのですが、何度大変化を起こしても、足の違和感は消えないのです。」

「それで、どうしたのですか」と町会長。

2020/9/7