「絵に気を入れることができるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕もそれを見ていて、自分にもできるのかなと思って、家に帰ってからやってみたら、確かに、気が入るのです。治療に来る患者さんに出すお茶に気を入れると、肺が緩むので、喜ばれました。」

「気を入れたお茶を飲むと、肺が緩むのですか」と町会長。

「陽のお茶でないと気が入りません。しかし、お茶は陰の物が多いです。」

「お茶に気を入れると、なぜ、肺が緩むのですか」と町会長。

「実は、経絡と色が関係していて、色で治療できることに気がつき、操気色彩療術という治療法を創始しています。」

「お茶は緑ですから、緑色で肺の機能を上げることができるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。しかし、陰の緑茶を飲むと肺の機能が低下します。」

「しかし、お茶は陰の物が多いですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。意識は長生きしたくても、潜在意識は早く死にたいと思っている人が多いので、陰の緑茶を飲む人が多いのです。」

「それでは、緑の服を着ても肺が緩むのですか」と町会長。

「陽であれば、かすかに緩みますが、お茶ほどではありません。」

「お茶は、なぜ効果が高いのですか」と町会長。

「粘膜が肺経に属しているからです。」

「それでは陰のお茶を飲むと、粘膜の可動性が低下して、肺の機能が大きく低下するということになるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。皮膚も肺経に属しているので、陰のお茶を毎日飲むと、皮膚の老化が速まります。」

「しかし、陰のお茶が多いということは、陰のお茶を好む人が多いということですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。経絡は皮膚の組織にカルシウムを沈着させることで、臓器の可動性を低下させるようになっているので、皮膚が老化すると、脳を含めた全ての臓器が連動して、老化することになります。」

「陰のお茶は恐ろしいですね。ところで、なぜ、色で治療できることに気がついたのですか」と町会長。

「中神先生の影響です。絵を頂いて帰ろうとしたら、『後5分ほど待ってください。家の中にアトリエがありますので、ちょっと寄って行ってください』と中神先生が言うのです。」

「それでアトリエに行ったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「そこに、渡辺さんに影響を与えるようなものがあったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。アトリエに入ると、正面近くにある柱に、ブルーのチャクラの絵が取り付けてありました。」

2020/10/5