「中神先生の影響で、経絡と色が関係していて、色で治療できることに気がつき、操気色彩療術という治療法を創始したという話の途中でしたね」と町会長。

「スキーが脳の機能低下を引き起こすという話になって、少し話が脱線してしまいましたね。中神先生に気を入れていただいた絵を手にして、英会話スクールに戻ったとき、来週の日曜日は甥っ子の結婚式であることを思い出したのです。」

「その結婚式は、操気色彩療術と何か関係があるのですか」と町会長。

「関係はありませんが、結婚式の後には予定がありませんでした。」

「なるほど。白くて、丸いやつの正体を見極めるチャンスですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。中神先生に電話し、『来週の日曜日が甥っ子の結婚式で、夕方から時間が空いているのですが、先生のご都合はいかがですか』とお伺いすると、『僕も来週の日曜日は空いていますので』ということでした。」

「次の日曜日の夕方、丸いやつの正体を見極めるために、中神先生のところへ行ったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。応接間に通されと、中神先生は、手のひらくらいの大きさの、金色色に輝く、六角形の形をしたものをテーブルの上に置いたのです。」

「やっぱり、怪しいものを、まだまだ、持っているのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。手のひらくらいの大きさの、金色色に輝く、六角形の形をしたものに対して、僕の手は不思議な動作を演じてしまったのです。」

「今度は、体が回るのではなくて、手が勝手に動いてしまったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕は驚いて、『これは何ですか』と聞くと、『パワーグッズですよ』と言う答えが返ってきました。」

「『パワーグッズ』と言いますと?」と町会長。

「僕も知らなかったので、『えっ、パワーグッズって何ですか』と思わず聞いてしまいました。」

「その頃は、まだ、『パワーグッズ』が何か知らなかったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。『えっ、パワーグッズって何ですか』と聞いたら、『そこから、気が出ているんですよ。八王子にもマンションの中で売っているところがあるし、高円寺には、石専門の店もありますよ』と中神先生は説明してくれました。」

「それでは、天井に付いていた、白くて、丸いやつは、パワーグッズだったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。中神先生がパワーグッズの説明をしたら、奥さんが『主人は、そういう店にはいると、何時間いても飽きないみたいで、なかなか出てこないんですよ』と言いました。」

「何時間いても飽きないのですか。一緒に行く人は大変ですね。それでも、奥さんは一緒に行くのですか」と町会長。

「二人は、いつも一緒みたいです。聞いてはいませんが、ヨーロッパに絵の勉強に行ったときも、一緒だったのだと思います。」

「絵の勉強でヨーロッパに行った時も、一緒なのですか」と町会長。

「そのくらい、二人はいつも一緒なんです。しかし、中神先生は、奥さんのコメントは無視して、『これは、10万円ぐらいしたのですが、実はボール紙で作ることもできるのですよ』と、さらに詳しい説明をしてくれました。」

「パワーグッズは、ボール紙でも作れるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。真鍮板やアルミ板を切り抜けば、もっと強力なパワーグッズが作れます。」

「なるほど。」

2020/10/12