「ウェブを検索すると、大変な事態になるということは伝わってくるのですが、具体的に、どういうことが起こるのかということが書いてあるサイトがないのです。」

「中国のドル建ての決済を停止させようとすると何が起こるのかということは、経済の専門家が予測できないくらい、難しい問題なのですか」と町会長。

「そういうことなのでしょうね。結局、ウェブの検索で見つかったのは、東洋英和女学院大学の長野賞を受賞した『米ドル決済システム構造に見る経済制裁の有効性に関する考察』という論文です。」
  
「専門家が明確な説明ができないので、女学生が頑張ったのですか」と町会長。

「そうなんですよ。その論文には、『国際間の資金決済は通貨母国の金融市場で行われ、米ドル取引は米国系金融機関が保有するコルレス口座を通じて行われる。米国による在米資産の凍結措置の特徴は、米ドル取引が全て米国の金融機関を通じて行われるコルレス銀行業務の構造を利用したものである』と書いてあります。」

「コルレス口座と言いますと?」と町会長。

「ウィキペディアの『コルレスバンク』に『コルレス銀行 (Correspondent Bank) とは、外国に送金するにあたり、その通貨の中継地点となる銀行である。コルレスは略称である。多くは国際決済機関にオンライン接続している』という説明があります。」

「『コルレス』というのは、『Correspondent』という意味なのですね「と町会長。

「おっしゃる通りです。『コルレスバンク』には、さらに、『銀行間の内国為替取引(例: 銀行振込)において、銀行間の決済は両行が自国中央銀行に開設している当座預金口座間で資金を振り替えることによって行われる。一方、外国為替においては内国為替の場合の中央銀行に該当するような組織がないため、銀行は海外の銀行との間で口座(コルレス口座)を開設しあい、その口座を用いて資金を振り替えることによって決済を行う』という説明があります。」

「『銀行振込』は、『銀行間の内国為替取引』なのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。現金を直接郵便などで送るのではなく、情報だけ送って、相手がお金を受け取るので、為替取引になります。」

「AさんがAB銀行からCさんのCB銀行の口座に振り込む場合、AB銀行はCB銀行に振り込み情報を送るだけなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「実際に、お金を送っているのではないので、AB銀行とCB銀行の間に貸し借りが発生するということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「自国中央銀行というと、日銀のことですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「AB銀行とCB銀行は、日銀に当座預金口座があるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。日本の銀行は、皆、日銀に当座預金口座があります。」

「AB銀行とCB銀行の間の貸し借りの決済は、AB銀行とCB銀行の日銀の当座預金口座間で資金を振り替えることによって行われるということなのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「『日銀の当座預金口座間で資金を振り替える』とは、どういうことをするのでしょうか」と町会長。

「AB銀行とCB銀行から送られた情報に基づいて、日銀が帳簿上の資金の移動をすることで、貸し借りを決済します。」

「それでは、現金は移動は伴わないのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2020/9/16