「『ベトナム人 目』ではなく、『Vietnamese eyes』で検索したのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。この手の検索を日本語ですると、日本のベトナム料理店が検索結果に入っていたりするので、英語で検索した方が正確な結果が得られるためです。」

「なるほど。日本人で英語のサイトを作る人は少ないので、googleの検索で上位に出やすい日本のサイトを排除できるということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「その結果、目が陽の人が多かったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「ベトナム人は、なぜ、目が陽の人が多いのでしょうか」と町会長。

「僕も疑問に思ったので、ベトナムの周辺の国の人の目はどうなのか調べてみました。ベトナムと最も長い国境で接しているのはラオスなので、まず、『Laotian eyes』で検索してみました。」

「どういう結果になったのですか」と町会長。

「ベトナム人の場合、トップページの写真の8割くらいが陽でしたが、ラオス人の場合、5割くらいでした。」

「ベトナムがあるインドシナ半島に住む人は、目の陽の人が多いのですか」と町会長。

「ベトナム人ほど多い国はありませんが、あのあたりは、日本と比べれば、多いと言えます。」

「インドシナ半島周辺は、目が陽の人が多い地域なのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。中国もベトナムと国境を接していますが、画像検索では目が陰の人ばかりです。」

「インドは、どうなんですか」と町会長。

「インドも目が陰の人ばかりです。」

「ということは、インドシナ半島周辺は、何か特別な地域ということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。おそらく、先ほど話したヤンガードリアスに先立つヴュルム氷期と関係しているのではないかと推定しています。」

「ヤンガードリアスは、最終氷期が終わり温暖化が始まった状態から急激に寒冷化に戻った現象でしたね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

「ヴュルム氷期は、温暖化が始まる前の最終氷期のことですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。ウィキペディアの『後氷期』に、『ヴュルム氷期についても、およそ11万年前頃から少しずつ気温が低下し始め、多少の変動を示しつつも全体としては低下し続け、2万年から1万8000年前に低温のピークを示した後・・・氷期には、海水の一部が氷床となって陸地に固定されるため大規模な海退が起こり、現在よりおよそ100メートル前後海面が下るので、浅海が広範囲にわたって陸化する。東南アジアのスンダ列島(インドネシア)からインドシナ半島にかけての海域は「スンダランド」と呼ばれる陸地となり、ベーリング海峡も地峡となって北アメリカとシベリアを接続させた』という記載があります。」

「それでは、インドシナ半島はなどとも陸続きだったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

2021/1/19