「僕が作ったパワーグッズを『是非見たい』ということなので、『明日の日曜日に空いている時間はありませんか』とお伺いしました。」

「そうしたら、空いていると言ったのですか」と町会長。

「『夕方なら空いている』言われたような気がします。」

「もしかして、中神先生の都合を聞いたときに、『予定が入っている』と言われたことがないのではありませんか」と町会長。

「おっしゃる通りです。今考えれば、他の予定を断って僕に会っていたような気がしますが、そのときは気がつきませんでした。今考えれば、パワーグッズに対する僕の反応から、先生の不老不死に関する研究が進んだのだと思います。」

「なるほど。渡辺さんが気に入られていたというよりは、実験材料としての価値が認められたということですか」と町会長。

「そうかも知れません。『是非みたい。ネパール人が置いていった49キロの水晶もある』と言われるので、翌日の夕方、中神先生のところに伺いました。」

「49キロもある水晶があるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。巨大な水晶玉でした。」

「もしかして、この水晶にも反応してしまったのではありませんか」と町会長。

「反応した記憶はあるのですが、どういう反応をしたのか記憶がありません。」

「『ネパール人が置いていった49キロの水晶もある』と言ったのは、『この水晶なら渡辺さんが反応して、またパワーが上がる』と言う意味だったのですね」と町会長。

「そのときは気がつきませんでしたが、おっしゃる通りだと思います。」

「それで、翌日、自作のパワーグッズを持って、中神邸に行ったのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。応接間のテーブルに、『これが、最初に作ったもので・・・』と自作のパワーグッズを3点テーブルに置いて、中神先生のコメントを、どきどきしながら待ちました。」

「中神先生は、何と言ったのですか」と町会長。

「『渡辺先生は、実にきれいに作るね。僕のなんか本当にいい加減で・・・』と言ったのです。」

「4回目の訪問から、『渡辺さん』が『渡辺先生』になったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。最初の訪問のとき哲学の話をしただけで、その後難しい話をしたことはなかったのですが、4回目の訪問から、『渡辺さん』が『渡辺先生』になったのです。」

「それでは、『渡辺先生』と呼ばれる理由に心当たりはなかったのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。英会話スクールをやっていたので、『渡辺先生』と呼ばれることには慣れていましたが、バイトの若い女の子は、皆、『渡辺さん』と言ってましたね。」

2020/10/21