「バイトの若い女の子は、皆、『渡辺さん』と言っていたのですか」と町会長。

「そうなんですよ。生徒でも若い女の子は、『渡辺さん』と言う人が多かったですね。」

「『渡辺さん』と言った方が親近感がありますね」と町会長。

「そうなんですよ。『渡辺さんみたいな人と結婚したい』と言った大学生の女の子もいました。」

「なるほど。他の生徒さんは、どうだったのですか」と町会長。

「『渡辺さん』派と『渡辺先生』派がいましたね。」

「生徒さんには、『渡辺さん』派と『渡辺先生』派がいたのですか」と町会長。

「そうなんですよ。例えば、東大の医学部に首席で入学したことが自慢の帝京大学の助教授が生徒にいたのですが、その人は『渡辺先生』と言っていました。難波先生は、僕と親しくなりたいらしく、年に1回ぐらいは、日帰りスキーに誘ってくれました。」

「難波先生は、渡辺さんに気を使っていたのですね」と町会長。

「難波先生は、医師なので、難波先生と呼ばれるのはあたりまえです。それで、僕のことを渡辺先生と呼んで親近感を持とうとしたのだと思います。」

「なるほど。お医者さんは、お互いに、先生と呼び合っていますね」と町会長。

「おっしゃる通りです。」

他に、東大卒の生徒で『渡辺さん』という人はいなかったのですか」と町会長。

「電話で『1年間毎日ジャパンタイムズを読んで、1面は辞書なしで読めるようになったのですが、おたくの英会話スクールに入れば、英検の1級に合格できますか』と問い合わせてきた人がいました。」

「ジャパンタイムズの1面が辞書なしでを読めるようになれば、英検の1級に合格できるのですか」と町会長。

「英語が聞こえなければ無理だと思いますが、とっさに『2面はどうですか』と聞いたのです。」

「そうしたら、ジャパンタイムズの1面が辞書なしで読めると言った人は、何と答えたのですか」と町会長。

「答えに窮したようで何も言わず、入会してしまいました。」

「その人が東京大学を卒業した人で、『渡辺さん』と呼んでいた人なのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。」


「『渡辺さん』と呼んでいた人の専門は、何だったのですか」と町会長。


「『マル経』の講師をしていると言っていました。」


「『マル経』と言いますと?」と町会長。


「『マルクス経済学』ですよ。」


「それでは、その人は東大で『マルクス経済学』を教えていたのですか」と町会長。


「当時は、そう思っていましたね。」

2020/10/22