「『今は痩せている』ということは、陰のパワーストーンを捨てたということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。実は、陰の本も買い続けていたので、ついに、呼吸するのも困難なほど、肺の機能が低下してしまったのです。」

「陰のパワーストーンを収集し、陰の本の蔵書が500冊にもなると、肺の機能がそこまで低下してしまうのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。肺の機能がここまで低下してしまっては助からないと覚悟を決めました。しかし、息子は死にたくないようなので、陰のパワーストーンを全て捨てるように言ったら、陰のパワーストーンも、陰のPCも、陰の携帯も全て捨てました。しかし、陰の本は捨てなかったのです。」

「陰のPCやスマフォは売らないで、捨てたのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。先ほど話したように、陰のものを売ると、買った人に生じる問題が売った人に返ってきます。」

「それでは、商人系の人は陰の物を売ると寿命が縮まるのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。先ほど話したように、商人系の人は、買った人に生じた問題が返ってくるのではなく、肺の機能がわずかに低下するように進化しています。」

「しかし、陰の物を大量に売れば、肺の機能が大きく低下するのではありませんか」と町会長。

「おっしゃる通りです。そのため、商人系の人は肺が弱いので、コロナを極端に恐れます。病気になったり、死んだりしたら金儲けができないからです。」

「なるほど。話が横道にそれてしまいましたが、陰のパワーストーンを全て捨てたら、息子さんは助かったのですね」と町会長。

「陰の本は捨てなかったので、肺の苦しさが続いていました。」

「息子さんは、陰の本を捨てるより、死ぬことを選んだのですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕も本人が死にたいのであれば、仕方がないと思いましたね。」

「でも助かったのですよね」と町会長。

「おっしゃる通りです。僕が自分の膝を治療したら、なんと大きく緩んだのです。」

「息子さんが陰のパワーストーンを捨てたので、膝が緩み始め、親子の経絡の連動性で、渡辺さんの膝が緩みやすくなっていたということですか」と町会長。

「おっしゃる通りです。これで息子は助かると思いました。すぐ息子のところに行って、確かめると、肺は劇的に良くなっていました。息子の膝が親子の経絡の連動で緩んだのです。」

「陰陽は、生死にかかわるのですね」と町会長。

「おっしゃる通りです。事故死を除けば、ほとんどの人は経絡と陰陽で亡くなっていますが、気がつく人はいません。息子も、僕が経絡と陰陽の関係を理解していなければ、原因不明の突然死ということになっていたと思います。」

2020/9/4