QRコード

基礎100語の用法検定試験

アメリカ英語で書かれた文献に出てくる単語の約50%は、中学校の教科書に出てくる"a"、"the"、"go"、"come"のような、やさしい100の単語です。「基礎100語の用法検定試験」は、この100の単語が正しく使えるかどうかを検定します。(但し、日常聞かれる表現にするため、2000語レベルの単語が英文に使われています。)