QRコード

旅行会話検定試験

旅行会話検定試験は、団体ではなく、個人的にアメリカ旅行ができる基礎能力があるかどうかを検定します。問題は「旅行会話」から出題されます。

「旅行会話」は、団体ではなく、個人的にアメリカ旅行がしたい方のための英作文学習コースです。

個人でアメリカに行くとなると、入国審査窓口や税関での会話、手荷物が出てこない場合の対応、空港でタクシーを見つけてホテルまで行くことなどが、まず英語でできなければなりません。

また、ホテルで起こる様々なトラブルも自分で解決しなければなりません。ホテルが快適に過ごせるかどうかが旅行を楽しむことができるかどうかのキーポイントとなるため、ホテルのトラブルに関しては、ホテルで働いたことがあるライターに依頼し、頻繁に起こるトラブルを会話形式で書いていただきました。

アメリカのレストランのメニューには写真がないため、英語ができる方でも食べたいものを食べようとすると苦労します。そのため、食事に関しては、機内での食事から始まり、ホテルでの食事、電話による高級レストランの予約など様々なレッスンを用意しました。

アメリカでは車がないと快適な旅ができないため、実際にレンタカーを借り、最低必要限の表現は何かをチェックしました。その結果、アメリカの車の保険についての基本的な知識が身につくようなレッスンも入っています。

また、病気になった場合も考え、ドラッグストアーや病院での会話も入れてあります。

快適なアメリカ旅行を楽しみたい方は、繰り返し練習して身につけることをお勧めします。