ought to

・"ought to"は、"should"と同じ意味で使われる地域があるが、"should"と比べると言いにくいため、死語に近い状態になっている地域もある。
・南部地域では、"You oughta do that"のように、"ought to"の短縮形が日常会話で頻繁に使われる。
・短縮形の"oughtn't"は使われない。

[正]You ought not talk loud in the library.
[誤]You oughtn't talk loud in the library.

・イギリス英語では使われる。

[英]You ought not talk loud in the library.
[英]You oughtn't talk loud in the library.

ought toの関連項目