have to

・"must"に代わる「~しなければならない」の表現として、"have to"がある。"must"は現在形でしか使えないので、未来や過去、現在完了形などで代わりに使われる。

【例】
We had to read all of these books.
私達はこれらの本を全て読まなくてはならなかった。

Many Americans say they will have to work until they're 80.
アメリカ人の多くが、80歳まで働かなければならないと言っている。

・"have to"が助動詞的に使われる場合も、一般動詞として扱われ、疑問文や否定文を作るには助動詞"do"を使う。

[正]Do we have to get up early tomorrow?
[誤]Have we to get up early tomorrow?
[正]We don’t have to get up early tomorrow.
[誤]I haven't got to leave till seven.

[正]I have got to go now

・イギリス英語の古典文法においては、疑問文を作るのに、助動詞として"have"が主語の前に置くと書かれているが、習慣的行為かどうかに関係なく、助動詞"do"が使われることが圧倒的に多い。
・否定文は、"don’t have to"の形が使われる。

[英]Do we have to get up early every day?
[英]Do we have to get up early tomorrow?
[英]Have we to get up early tomorrow?
[英]We don’t have to get up early tomorrow.
[英]I haven't got to leave till seven.

[英]I have got to go now

have toの関連項目