頻度を表す副詞

・"always(いつも)"、"usually(普段)"、"often(しばしば)、"sometimes(時々)"は頻度を表す副詞と言われ、普通、一般動詞の前、be動詞の後に置かれる。
・"sometimes(時々)"は文頭や文末に置かれることがある。

【例】
Eri is always busy.
エリはいつも忙しい。
Eri often eats onigiri.
エリはよくおにぎりを食べる。

頻度を表す副詞の関連項目