関係代名詞の主格

・主語の役割をする関係代名詞のこと。
関係代名詞先行詞
who人・名前が付けられた動物
which名前が付けられていない動物・物
that名前が付けられていない動物・物・形容詞の最上級で修飾される人

・人や名前が付けられた動物が先行詞の場合"who"を使い、名前が付けられていない動物や物が先行詞の場合"which"か"that"を使う。
・シカゴマニュアルなどの主要な参考文献に、"which"は非制限用法に、"that"は制限用法に使うと書いてあるが、同意しない言語学者も少なくない。

[正]The boy who saved the little girl was praised.
[正]Pochi, who saved the little girl, was praised.
[誤]I saw a dog who was playing with a cat.
[?]I saw a dog which was playing with a cat.
[正]I saw a dog, which was playing with a cat.
[正]I saw a dog that was playing with a cat.

・先行詞が人の場合、"who"を使う。("that"を人に使うと「人以下」というニュアンスが出るので、アメリカ人は人に使うのを避ける傾向がある)

[正]The boy who came from America stayed at my home for three days.
[誤]The boy that came from America stayed at my home for three days.

・先行詞が人でも、物理的存在ではなく、能力や特質について述べる場合、"that"が使われることがある。

[正]He is the kind of person that will never betray you.
[正]He is the kind of person who will never betray you.

・先行詞が人でも、形容詞の最上級で修飾されると、"who"ではなく、"that"を使う。

[正]He is the tallest man that I've ever seen.
[誤]He is the tallest man who I've ever seen.
[正]He sat in the biggest chair that was in the house.
[誤]He sat in the biggest chair which was in the house.

・先行詞が人でも、"all"、"any(thing)"、"every(thing)"、"few"、"little"、"many" "much"、"no(thing)"、"none"、"some(thing)"などで修飾されると、"that"を使うことがある。

[正]He talked with all the people that came to the party?
[正]He talked with all the people who came to the party?
[正]I tried to sell it to any person who came to the shop.
[正]I tried to sell it to any person that came to the shop.
[正]He talked with everyone that came to the party?
[正]He talked with everyone who came to the party?

・"that"は制限用法でしか使えない。

[正]The dog that was playing with a cat looked happy.
[誤]The dog, that was playing with a cat, looked happy.
[正]The dog, which was playing with a cat, looked happy.

関係代名詞の主格の関連項目

【英作文.netのアクセスの多い頁】

  • 英作文-英語学習の死角
    1.英作文をしないと真の英語力は付かない 2.国際社会で、日本を三流国にしている瞬間英作文 3.必要なのは、英会話ではなく、英作文の早期教育 4.英作文の先生がいない 5.高名な英作文の先生は、営業上英作文ができるができる振りをしているだけ。
  • 英語が話せない方へ
    中学、高校で英語が得意だったにもかかわらず、英語が話せないという話をよく聞きます。株式会社渡辺米会話研究所が経営する英会話スクールで、このタイプの生徒を長年にわたって教えてきた経験から英語が話せない方の多くは、中学一年生で習う英文法の最も基本的な事柄が理解できていない。
  • 英語が聞こえない方へ
    英会話の学習者の中には、TOEICのリスニングで満点を取ったにもかかわらず、初級のヒアリングのテストをすると、英語が聞こえないことが判明することがある。
  • アメリカ英文法備忘録
    中学で習う英語の基となる文法とアメリカ英文法の間には、ほとんど違いが見られない。しかし、仕事で英語を書かなければならない人は英作文をしなければならない人にとっては、わずかな違いが大きな問題となる。
  • 無料お試しについて
    英作文.netの無料お試しユーザー登録は、メールを登録するだけ。今すぐ、英作文検定試験と「誰でもできる初歩の英作文」を無料で学習できます。
  • TOEICの高得点者が7級検定試験に合格できない理由!!
    TOEICでを900点を超える高得を点取って株式会社渡辺米会話研究所の経営する英会話スクールに入学した人の中に基礎文法を習得していない人が少なからずいることが判明しています。この人達の中には、リスニングが満点だったため通っていたジオスという英会話スクールでTOEICを教えたことのある人もいます。
  • 「仲間と一緒に!」- SNS
    英作文は地道にやらないと力が付きません。英文日記を始めたが3ヶ月もしないうちにやめてしまったという方は少なくないのではないでしょうか。「仲間と一緒に!」は、一人では続かない英作文の練習も、一緒にやれば続くかも知れないと考える人達のために作製したSNSです。
  • 英文ビジネスメール文例集
    クラーク先生が書かれた100を超える英文ビジネスメールの文例を無料で検索できます。
  • ティム・ヤング氏監修
    「基礎能力診断テスト」及び「基礎文型を使った英作文1〜3」のデータとなっている英作文は、株式会社渡辺米会話研究所が経営する英会話スクールで、アメリカ人講師が、英作文を教えるときの解答として長年にわたり使われていたものなので、不自然な英文は基本的にありませんが、念のため、毎日ウィークリーの『Machigai』でお馴染みのティム・ヤング氏に全問をチェックしていただきました。
  • アメリカ英文法について
    英作文.netの教材はアメリカ英文法に基づいて作られている。 中学で習う英語の基となる文法とアメリカ英文法の間には、ほとんど違いが見られない。
  • ビジネス英会話検定試験
    ビジネス英会話の教材は、イギリスで出版されているものが多く、アメリカで出版されているものはほとんどありません。しかも、ビジネス英会話の教材は、簡単な資料を参考にプロのライターが想像で書いたと思われものが多く、本当に役に立つのか疑問を感じるものが少なくありません。
  • 受験のための英作文学習法
    大学入試のために英作文は、中学で学ぶ基礎文型を完全に習得し、減点の対象にならないようにすることが基本になります。 簡単ではありませんが、やる気さえあれば、英作文.netは以下のような方法で、受験に必要な基礎英作文の完全習得を可能にします。
  • 英語で学ぶ英会話検定試験
    英語で学ぶ英会話検定試験は、英語で英会話のレッスンを受ける基礎能力があるかどうかを検定します。合格すると6級が認定されます。
  • ウェブ上で学習
    英作文.netでは、英作文をウェブ上で行います。答えが分からない人は「ヒントを見る」ボタンを押すと、ヒントが表示されます。解答ができたら「答え合わせをする」をクリックします。答えを間違えると、誤答解説がでます。
    最初に受ける11級検定試験
    英作文.netの11級検定試験は、中学1年で学習すべき、BE動詞と一般動詞の違い、人称代名詞の使い方など英語の根本原理とも言うべき事柄が理解できているかどうかを検定します。
  • 英文日記検定試験
    この検定試験は、アメリカ人が話す日常会話を聞き取るのに必要な高校レベル(3000語レベル)の英語で日記を書く能力があるかどうかを検定します。
  • アメリカで通用するビジネス英会話学習法
    「初めはブロークンでも」と考えて英会話を勉強している方はいませんか。そう思われた方は、英語を話すアメリカ人やイギリス人が、どれほど言葉を大切にしているか分かっていません。この問題を理解していないと、安易にブロークンイングリッシュを話すようになり、流ちょうに話せるようになっても、ビジネスではマイナスになるような英語しか話せないという、取り返しのつかない結果を招きます。
  • 中学英語で極める英作文
    英作文.netの理念は、日本人誰もが中学3年間で学ぶ英語を使って、日常会話に必要な表現や、英文メールに必要な表現を英作文できるようにすることです。
  • 英作文学習の幻想と罠
    英文を書かなければならない人の多くは、自分は完全な英語が書けないが、東大の英文科を出たり、英検1級を持っていたり、通訳をするような人は完全な英文が書けるという幻想の世界にいる。