関係代名詞"that"と"which"

・物や代名詞を関係代名詞で受けるときには、"that"と"which"を使う。
・会話では、"that"の方が言いやすいためか、頻繁に使われる。
・関係代名詞を省略して、分詞構文にする言い方はあまり使われない。

《使用頻度順》
1. Please take back the dog that's running over there.
2. Please take back the dog which is running over there.
3. Please take back the dog running over there.

関係代名詞"that"と"which"の関連項目