形容詞・副詞の原級を使った比較:AはBと同じくらい~

・原級を使った比較は、二つのものの程度が同じであることを表す。
・"as~as..."は、「…と同じくらい~だ」という意味を表す。
・"not as~as..."は、「…ほど~でない」という意味を表す。

【例】
Tom is as old as Emi.
トムはエミと同じくらいの年だ。
Tom is not as old as Emi.
トムはエミほど年を取っていない。
Tom is twice as old as Emi.
トムはエミの倍の年だ。

・2番目の"as"の後には目的格が来る。
・2番目の"as"の後に主格が単独で来ることはないが、教養があるところを見せたい人が、[主格+代動詞("be"動詞や"do"など)]を目的格の代わりに使うことがある。

[正]Mary can run as fast as him.
[誤]Mary can run as fast as he.
[正]Mary can run as fast as he can.

形容詞・副詞の原級を使った比較:AはBと同じくらい~の関連項目