受動態の否定文

・受動態の否定文は、基本的にbe動詞の後ろに"not"をつける。

【例】
He wasn't killed.(wasn't=was not)
彼は殺されていない。

・否定語が主語になる否定文もある。

【例】
Nothing is left in my room.
私の部屋には何も残されていない。

受動態の否定文の関連項目